バルを開くにあたり大事な確認事項!
バルの内装工事についての基礎知識!

バルの内装工事と言うのは、お店のイメージを決める大事な要素です。初めてお店に来店したお客様へアピールする為にも、お店の構えや雰囲気はとても大切なポイントになります。ここでは、バルの内装工事について色々お伝えします。是非、工事を行う際の参考にして下さいね。

バル開業の必要資金相場とは?

物件取得

物件取得と言うのは、テナントとして入居する際の費用です。一番お金がかかるのが保証金で、家賃支払いの延滞やテナント破損などが生じた際に、管理会社やオーナーに預けるお金になります。通常物件とは異なり、テナント用物件では家賃6ヶ月以上が相場です。
問題が発生しなければ返金されるお金ですが、契約内容や退去時のテナント状態で返金額は変わるので把握しておきましょう。なので、契約する際に内容を必ず確認することが大切です。また、家賃の発生は工事開始日になります。管理会社やオーナーにより、融通を利かしてくれる場合もあるので、一度、交渉してみても良いでしょう。

内装工事

テナントを借りた後は、バル開業で必要な設備や内装工事が必要です。しかし、テナントを借りただけでは飲食提供は出来ません。カウンターが必要なら設置を行い、雰囲気の良い内装に仕上げることも大切です。バルの一般的な相場は、坪単価約30万~50万程度が必要となっています。

開業

実際にバルを運営していく際には、設備、調理器具、什器などが必要になります。また、人を雇う場合には、従業員制服も必要です。それに、お客様に来店してもらう為のフライヤー、看板、HP作成など、これらも開業費として考えていく部分になります。全部をまかなうと費用は大きくかかるので、工夫して費用減できる部分はしていきましょう。
中には、手作り看板で費用を抑えつつ、カジュアル店内の雰囲気を演出しているお店などもあります。また、宣伝費用削減で無料SNSの有効活用などの工夫も出来ます。このように、方法次第で費用削減出来る部分はあるので、自分で出来る部分とそうでない部分を考えることも大切です。

バルの内装デザインを考える際のポイントとは?

ひと目でバルと分かるエントランス

バルのエントランスで、誰が見てもバルだと分かるデザインにしましょう。お店のコンセプトが伝わるエントランスである程、ターゲットの印象に残ります。外装から「オシャレなバルだ」と思ってもらい、店内に入って「良いな」と好印象に繋げることがベストです。
多くの人がバーを利用する目的には、一人で静かに飲みたい・オシャレ空間でお酒を飲みたい・良い雰囲気でデートを楽しみたいなど、色々な動機や願望があります。なので、どういった目的を持った方が自分のオープンするバルに来るのか、ターゲット層を明確にした上で、ターゲットが求めている空間提供をし、集客に繋げていきましょう。

カウンターの高さと席の程良い距離感

バーカウンターの高さと、お客様の客の距離感の配慮は大切です。具体的に言うと、カウンター幅は50㎝以上、高さは1.5m程度、客席間隔は60㎝など、これらに近い数字に調整するようにしましょう。お客様はもちろん、バーテンダーやスタッフも使いやすいカウンターに設計し、心地の良い空間への配慮もポイントです。

ボトル棚をインテリア化する

ボトル棚の見せ方も、バルでは大事です。バルの中でも、カウンターバックにあるボトル棚は、一番オシャレに魅せる所です。インテリアのように、照明の当て方、お酒ボトルの並べ方など、一番気を使う箇所と言えます。

間接照明でバルの雰囲気を演出

間接照明と言うのは、雰囲気をオシャレに演出することが出来ます。明るさの強い光より柔らかい印象の灯りの使用で、バルの雰囲気が一層引き立ちます。お酒と軽食を提供する場になるので、レストランのように明るさでは無く、落ち着ける空間を意識しましょう。

テーブル席・個室を設ける

テーブル席を設ける点に関しては、カウンターしか無い場合に利用人数が極端に減るので、回転数が下がります。バルの顧客は、大体2~3人程度と複数人の利用が多いので、テーブル席の設置は回転率アップになります。その分、店内スペースの確保も必要になることは把握しておきましょう。また、個室を設けることにより、ゆっくり話が出来る、ゆったりと雰囲気を楽しむ、周りを気にせずお酒を交わすなど、特別感を提供することが出来ます。個室利用を希望するお客様にとって、お店のリピーターに繋がる要素の一つにもなるでしょう。

内装工事の費用相場とは?

物件の種類で価格も変わる

スケルトンの場合、例えば、15坪の店舗では1坪約30~50万円程度が内装工事費で、その内の半分は水回り、電気、ガスなどの設備費用になります。面積の広さで坪単価は変わりますが、必要設備は店舗規模で変わるものではありません。また、居抜き物件の場合、元から設備が整っている物件なので費用節約が可能です。15坪の店舗のでは1坪約15~30万円が目安ですが、厨房設備レイアウトを変更する場合には、スケルトン物件と変わらない、または、撤去費用がかかることもあります。

工事費用を抑える方法

工事費用を抑える方法には、幾つかの方法があります。先ず、中古厨房設備の使用です。厨房設備と言うのは、中古であっても状態の良いアイテムが多いです。なので、費用を抑える為には中古設備導入の検討もお勧めです。しかし、中古品購入では、使用歴や何年程度使えるかなど、劣化状況の把握が重要です。購入後に故障しないとは言い切れ無いので、保証期間の有無も確認し、6ヶ月以上の保証があれば安心です。また、購入設備設置まで請け負ってもらえるか確認も必要です。出回る設備アイテムの場合、新品の商品でもお得に値引きされる場合もあるので、広い視野でアイテムを揃えていきましょう。

そして、レンタルサービスを活用もすることも出来ます。生ビールサーバーなどは、醸造メーカーがレンタルしている場合があるので、導入や細かなメンテナンス費用はかかりますが、運営には欠かせないもので便利です。レンタルは、メンテナンスから定期的なビール樽の運搬などのサービスもあるので、レンタルの検討も一つです。

業者依頼する際のポイントとは?

業者依頼する際には、幾つかポイントがあります。先ず一つは、実績を見て選ぶことです。バルの内装工事をするにあたり、経験の豊富さと言うのは店舗の仕上がり、完成、トラブル対応など、色々と円滑な業務に直結してきます。HPなどに実績が掲載されているので確認し、また、掲載されていなければ過去資料を見せてもらって確認するなど、自分の内装リクエストに応えてくれそうか判断しましょう。次に2つ目は、業者要望は正確に伝えることです。例えば、業者との打ち合わせで予算や開業スケジュール・店舗コンセプト・建材やデザインなど、自分の思い描くイメージの要望を正確に伝えるようにしましょう。

これはとても大事な事で、 自分がイメージしているバーの内装写真やイラストなど、用意しておくとイメージを業者へしっかり伝えることが出来ます。そして三つ目は、相見積もりを取って見極めることです。業者依頼する際、必ず3社以上見積もりを取るのがお勧めです。複数業者で見積もりを取ることで、見積もり金額の相場や適正価格が見えてきます。また、値段や工事が曖昧に提示してないかの確認も出来ます。そして、見積もり額を超えた追加料金請求防止の為に、予算オーバーの場合に追加料金を支払わないと言った条件を契約書に明記することも大切です。

まとめ

ここでは、バルの内装工事について色々お伝えしてきましたが、いかがでしたか?お店のコンセプトをしっかり明確にすると、お店造りは何倍にもよく仕上がります。また、お金のかけ方も、居抜き物件や中古品など上手に活用しながら、工事予算内で素敵なバルに仕上げることが大切です。ここでのポイントを参考に、素敵なバル造り、お客様に快適な空間を提供出来るお店を完成させましょう。